スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/11 (木) ボロフェスタに出演した感想

週末は充実してたけど 体力的にはいっぱいいっぱいだったーーー

6日に京都はあの有名な 京都大の西部講堂で
ソロでライブ出演することができた。伝統ある(といっても 話しかしらないけど)そのステージに、自分がセッティングしながら、
前のステージでライブしている 小谷みさこさんを見ながら、あたし ここにいていいんかいっって、一人で笑ったけど、容赦なしに自分の番がやってきた。広い講堂のステージで私はひどく緊張するだろうと、予想していた。
お客さんもひどく減るだろうと覚悟していた。
ところが、ギターを弾き始めた瞬間、とてもリラックスしている自分にちょっと驚き、そしてうれしく思った。
相変わらずMCはうまくできなかったが、自分なりのゆったりしたライブができた。そして お客さんも始まるまでは、いったんだいぶへったのが 1
曲目から徐々にみるみる増えていき、中盤からはたくさんの人がそこにはいた。広いから顔とか見えないけど。。。
やるだけやって、外にでるともうあたりは暗かった。日が落ちるのが早くなったなあ。。。と。出番が次のイルリメさんとしばし談笑。相変わらず かっこいい。
一回のライブでたくさんの人に見てもらえるチャンスをもらえたこと、そして音源が売れたこと、そして伝統ある音楽の聖地でライブさせてもらえたこと、他県の音楽仲間に多数あえたこと、模擬店での買い食いやフリーマーケットで買い物を楽しんだこと、すべてがいいことだらけだった。
いい経験だった。初めて、関西で日帰りとかしたんじゃないかな。
夜の最終の博多への新幹線は京都駅では楽しみにしてた 駅弁もほぼ売り切れており、ちょっと(ほんとはすごく)悲しかったけど、列車をまわってくる 車内販売で駅弁を買えたときは、極上の笑顔だったに違いない私。
新幹線は楽チンだけど、やっぱり日帰りはきついな。
やっぱ今度からはいつものように、ゆっくりしたツアーがいいな。と思いなおす。でも明日がジニアスだったから今回は仕方なかったんだあ。
藤井よしえの 生涯の日記というと大げさだけど
音楽に関しての日記があるとすれば、確実に今日の出来事は
大事な項目として記された日だっただろうと思う。ソロ活動を始めて
二年くらいかな。一番の大舞台だったことは確かだった。
月別アーカイブ
プロフィール

藤井よしえ

Author:藤井よしえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。