スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/19 (火) お見舞いについて

入院初日からたくさんの友人に来てもらった。
どれだけうれしいか。入院した人ならわかるだろうと思う。
うちのお父さんがいつも言ってるけどお祝いごとは、多少顔だすのが遅れてもいいけど、
不幸事はすぐいけって。よく言い聞かせられてたなあ。
一度大事な人が入院して、私は向こうの手術の日程などもあるので様子を見ていこうと思いすぐには
顔をださなかった。お父さんは、かけつけて、手術前のその人に5分だけ面会し励ました。
死ぬ、生きるという病気ではなかったから、私はそういう判断をしたんだけど、
あとから、その人はうれしそうだったという話をきいた。
誰だって手術をうけるとなれば不安になる。
その時は、しばらく口きいてもらえないほど、お父さんに怒られた。
同じ立場ではないけど、病気側になって、ほんとにそうだなあと思った。
気持ちがものすごくうれしいものだった。
というわけで、お見舞いにきてくれた方々のことは毎日記そうと思う。
気持ちは心にしっかり記憶しておくけど、この日記にきちんと遺しておきたいと思っている。
このお父さんの考えが正しいっていってるんじゃなくて、私がお父さんの意見を正しいと思っただけ。それだけ。

19日お見舞いに来てくれた人
☆浅田
☆あわやさん
☆直方両親
☆お姉ちゃん一家
☆智恵
月別アーカイブ
プロフィール

藤井よしえ

Author:藤井よしえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。