スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/21 (金) 漢方と区役所の高額医療について

今日も病院。放射線治療はさくっと済んで、終わって、漢方薬局へ初めて行ってみる。ネットで自分で調べて、行ってみたのは、大橋にある漢方薬局店。ここで、現在の状況や体質などを詳しく話す。
漢方を初めてみようと思ったのは、通常の免疫力をあげるため。普段の体力を戻す、維持するため。副作用を軽減するため。などなどで処方してもらう。
そして、もう一つ勧めてもらったのが、紅豆杉というお茶で飲む漢方。子宮癌や乳癌などの女性系の癌に特に効くらしいよ。お茶としても飲みやすく、これならなんとか続けれそうと、味見して購入。試してみます。
漢方は長く続けないといけないみたいだし、がんばってみます。
このお茶は、なんとか飲めるけど、漢方の粉はやっぱり つらひ・・・。でも がんばってみる。

そのあと、区役所へ。高額医療の説明をききにいく。
月額の個人負担金が同じ病院、同じ科で、10万ちょいを超えたら
適用されて 8万3000円くらいを超えた分が還ってくるようです。
領収書が必要なので、やはり先にどうこうすることは無理のよう。
負担額が10万超える月は5月も6月もだろうから、知れてよかった。
とりあえず、通院で10万越える月の支払はこれでそこまで不安にならずともいいことがわかり、一安心。でも行政のシステムなので、還ってくるまで2〜3か月はかかるようです。それでも助かる。
生きていく手段。助かる。日本が、ちゃんとこういう福祉制度があってよかった。そう考えると、日本だけやなく先進国各国は国によって税金や福祉制度などバラバラで日本より暮らしやすい国もいっぱいあるかもしれないけど、日本より暮らしにくい国はもっと多いはずだ。
病気で何もできず死んでいく人もたくさんいるだろう。病気どころか食べるものさえ・・・と、考えをすすめていけば、きりがないが、
今の自分の状況に感謝しなければいけないなと思う。
ただ、こういうシステムを知らないと教えてもらえない。やっぱり知っておいて助かることがたくさんある。だから今経験していることは、私はこうやって人に伝えるべきだし、忘れず、周りの人が同じことになったとき、教えてあげられる。悪いことばかりじゃない。
月別アーカイブ
プロフィール

藤井よしえ

Author:藤井よしえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。