スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/04 (日) 治そうぜ 終了 感想6

そして、今回の治そうぜを企画してくれた一人、井上のfolk enough。
くまでっちと同様、腐れ縁も腐れ縁。私は、こんな性格だから、本当にいろんな人と喧嘩してきた。最近でこそ、あまり人と喧嘩しなくなったけど(笑)でも、たぶん人生振り返っても、この人と一番喧嘩してきただろうと思う。この、さるさる日記ももう10年くらいデータがあるけど、よっぽど暇な人は見てみてください。井上との喧嘩、悪口が何度も何度も書いてあると思うから(笑)。仲良くなる前、初めてfolk enoughのライブを見たとき、正直びびった。こんなかっこいい音楽をしているバンドが福岡にいるんだ。って、確かビブレホールだったと思う。そのときはその発見にうれしくてうれしくて興奮して帰ったことを覚えている。仲良くなり始めは、あの饒舌でおだてられ、この人いい人だな〜って思って、仲良くなったのが間違いだった(笑)。そこから、私の音楽人生は絶対に変わったと思う。良くも悪くも、今のガロリンズ、今の私は彼との交流がなかったらない。私が音楽をやるうえで、深く影響をうけた人は数人いるが、その中でも代表選手くらいだと思う。喧嘩をしながらも、私の節目節目には必ず、この人は傍にいた。音楽もプライベートも。ツアーもいやっていうくらい一緒にいった気がするし、シーラジョンソンというバンドを一緒にやっていた。そのときオープンコードを知らなかった私は彼に馬鹿にされ、帰り道悔しくて泣きながら、ブックオフにいって、コードブックを購入し、指が痛くなるまで練習した。ずいぶん昔になるが、井上がひどいバイク事故をおこしたことがあった。そのとき報せをきいて、私は足に力が入らず、へたりこんだ覚えがある。あいつが死ぬかもしれなかったって事実を考えただけで、震えがとまらなかった。心より先に体が反応した。怖くて、へたりこんだ。あの時の心配かけられたのを今全く逆の立場で心配かけとるんやろな(笑)。一緒に糞ジジイとババアになる予定だった。死ぬまで麻雀一緒にやろうと何度も話した。あいつの親や、さとぽんには負けると思うが、あいつのずるさ、正直さ、強さ、弱さ、いいところ、悪いところ、かっこよさ、悪さ、私はよく知っていると思う。総決起以外にもたくさん一緒にイベントもしてきたね。治そうぜ、ありがとう。くそー。(笑)あまりにも、素晴らしいプレゼントをしてもらってしまった。
月別アーカイブ
プロフィール

藤井よしえ

Author:藤井よしえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。