スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/28 (月) 主治医の余命宣告

1週間ぶりに今日は病院だった。
いつものように血液検査。 結果は横ばい。食べてるんだけどなあ。
白血球や血小板、貧血の数値が戻りきらない。
今週は週末の4日に いよいよライブハウスに行くから血液検査の結果 特に白血球の数値はあがっててほしかったんだけどなあ・・・・。
4日はマスク必須だなあ。
体調はずっといいです。と主治医につげる。
明日 順治が東京にいって丸山ワクチンの手続きをするための、書類を主治医からうけとる。
体調はいいけど、癌の痛みが1日で多い日は、オキノームという痛み止めの薬を3〜4回飲むようになって薬が増えたことを告げる。
オキノームは、ロキソニンよりは強い鎮痛剤で、お腹の痛みには本当によく効きます。前は、オキノームでも効かない時期もあったので、そのころは、オキシコンチンという 麻薬入りの鎮痛剤を朝・夜飲んだうえに、痛くなったら、オキノームを足すというくらいの時期もあったので、そのころに比べると痛みも減ってるんだけど、ここ最近、オキノームの回数が増えたので、増え続け、効かなくなってきたら、また オキシコンチンになるんだろうな。このオキシコンチンは麻薬入りなだけあって、強い。ものすごく効く。だけど、強いから副作用がある。ひどく眠くなるし、吐き気があるんだよね・・・吐き気がつらいんだけどね。だから痛みもこのまま横ばいでできるだけ、いってほしいんだけどね・・・・。

そして、今日、私はとうとう、主治医に初めて、余命ということを切り出してみた。主治医は、はっきりしないことは言わない方なので、はっきり答えてもらえないだろうなあ・・・と思ってはいたけど、やっぱりはっきり「あと 何か月です」とは断定してくれなかった。それでも、私はしつこく「もちろん私の癌のタイプは珍しいって言われてたし、予測は難しいとは思いますが、半年〜2年とかですかね」って言ったら、それを否定もされなかった。やっぱり 半年とかの可能性は充分あるんだなあ。。と実感した。
不思議なくらい動揺しなかった。やっぱり10日くらい前にもう治らないと宣告され、見捨てられたなあ。。と思い、4日くらいは泣き続け、覚悟きめて、よし!!!自分でできる治療をする。奇跡は起きるって覚悟きめたあとだったからかなあ。普通にきけた。余命って言葉はリアルだけど、予測でしかない。でも、自分から、はっきり主治医に余命の話をできてよかったと思ってる。前は怖くてきけなかったけど、これですっきりした。
月別アーカイブ
プロフィール

藤井よしえ

Author:藤井よしえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。